人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧




夜カフェとプリンの特別値引きセールのお話

タイトルに夜カフェ以外の単語が入っているからセーフです。え?セウト?知りませんよ、そんな言葉。

というわけで10/10(水)は夜カフェ&映画同好会+プリン特別セールです。

映画同好会は「モスラ(1996)」です。

プリン特別セールですが、私の青春を彩ったとある誰も知らないであろう作品への愛と敬意をこめてのセールです。具体的にはプリンを100円引きで提供します。これはセットについても同様です。

お気軽にお越しいただければ幸いです。


当日、お待ちしております。


尚、今後の夜カフェ予定は決まり次第告知いたします。また、10/13(土)はサンフラワーパーティー山陰様のイベントで貸しきり予定ですが、イベントが中止等になりました場合、代替営業を行います。こちらも正式に話が決まり次第告知いたしますのでブログ、ツイッター等を確認してください。



当店は美味しいコーヒーの出る、ちょっとおしゃれな公民館のようなスポットを目指しています。
夜カフェ開催日に限らず、普段の営業日でも模型製作、ボードゲーム、手芸、読書など、思い思いの趣味に没頭していただいて結構です。

何かしらのイベントに使用したい方は店主に相談(メール、コメント等)していただければ料金も含めて検討しますので、小規模なイベントを開催してみたい方、貸し切って仲間内で集まる場所にしてみたい方などおられましたらどうぞ。



《イベント&夜カフェの案内》
・夜カフェ
10月
10/10(水)




地図のある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28541655/
メニューのある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28661325/
インスタグラム⇒(https://www.instagram.com/c_pioggia/
ツイッター⇒(https://twitter.com/CafePioggia
まいぷれ⇒(https://yonago.mypl.net/shop/00000353745/)
fecebook⇒(https://www.facebook.com/Cafe-Pioggia-カフェ-ピオッジャ-161265214586176/)




by c_pioggia | 2018-10-06 23:55 | 営業情報 | Comments(0)

映画同好会感想【ゴジラ対メガロ】

先に告知をしておきましょう。

前回の更新でも告知していますが、10/10(水)は夜カフェ&映画同好会+プリン特別セールです。

映画同好会は「モスラ(1996)」です。

プリン特別セールは、私の青春を彩ったとある誰も知らないであろう作品への愛と敬意をこめてのセールです。具体的にはプリンを100円引きで提供します。これはセットについても同様です。


では本題に移ります。

ゴジラ対メガロは1973年公開のシリーズ13作目です。ツイッターでも散々言ってきたんですが、この作品、ゴジラとしては非常にまずい作品でもあります。この点については後述します。

取り敢えずはあらすじです。

アリューシャン列島のアスカ島で地下核実験が行われ、その影響は世界各地に及んでいた。怪獣等では突然の地割れなどに怪獣が右往左往、アンギラスに至っては地割れに呑み込まれ出オチ。そして、それは地上のみに留まらず、300万年前の地殻変動で海底に没したレムリア大陸人の国、シートピア海底王国にまで及んだ。彼らは度重なる地上人の暴虐に対し報復を決意、守護神たる昆虫怪獣メガロの地上派遣を決めるのだった。

一方、地上では青年科学者伊吹吾郎は弟の六郎、友人の陣川らと北山湖へ遊びに来ていた。そこに核実験の影響と思しき地震が起きる。湖で自作の遊具で遊んでいた六郎は兄達の助けを得て陸にたどり着くが、その直後に固定に生じた地割れに湖水と一緒に遊具は呑み込まれてしまった。

彼らは伊吹家に帰るが、出かける前にかけたはずの鍵は開いていた。不審に思いながら家に入ると、侵入していた何者かに兄弟は気絶させられてしまう。一人遅れて入ってきた陣川も叩きのめされてしまうが、彼はすぐに眼を覚まし、兄弟の無事を確認すると駆け出しのレーサーという経歴もあってか、逃げ出す侵入者を追跡するも、逃げられてしまう。

伊吹家では侵入者によって荒らされた吾郎の研究室の整理が始められた。しかし、酷く荒らされているにもかかわらず、何一つなくなったものはないという。不審に思いながら片付けを続ける六郎は吾郎が造っているロボットの足元に赤い砂が落ちていることに気づく。

陣川が戻り、彼らともみ合っているときに奪い取った背広のボタンと六郎が見つけた赤い砂が似通っていることに気付き、調査に出す。そして、その中で吾郎はついにロボットを完成させる。

陣川が伊吹家を訪ねてくると、六郎は湖は懲りたから今度は陸の乗り物だ、と言ってベビーライダーを組み上げ、試運転に出かける。それを見送った陣川は吾郎の下を尋ねた。陣川は砂の調査結果を報告し、吾郎と共にロボットの完成を喜んだ。吾郎はこのロボットに「ジェットジャガー」と名付けた。

そんな中、出かけたはずの六郎が帰ってくる。その顔はどこか浮かない。彼は先日の侵入者に捕まり、自分の家の襲撃の片棒を担がされているのだ。そうとは知らない吾郎は鍵を開け、それを確認した侵入者は六郎を眠らせ、ついで吾郎と陣川も眠らせる。彼らは先日の侵入の際に盗聴器を仕掛け、ロボットが完成するのを待っていたのだ。

吾郎と六郎はコンテナの中で目を覚まし、陣川は吾郎の研究室で縛られた状態で目を覚ました。陣川は目の前に座り、ジェットジャガーを操る男の素性を問う。彼は海底王国シートピアの工作員で、人的資源が限られるシートピアでは優秀なロボットとその研究者が重要なのだと語る。ジェットジャガーはメガロに攻撃させる地点まで案内させる役割を与えるために奪取したのだ。

全てを知った陣川は逆襲に打って出た。自身の縛られた椅子を工作員に攻撃しながら壊し、自由になると工作員を床に叩き伏せ、吾郎達を何処にやったのかを問い詰める。そして、北山湖の湖底にコンテナを落とし、シートピアに連れて行くと知った。

陣川は即座に吾郎達の救出に向かうが、シートピア側もそれを阻止せんと追跡を始めた。






これ以上は長くなる上に、何をどう書いていいのかわからなくなるので割愛します。気になる方は自力での確認を。


さて、見所は何でしょうか。いえ、先にこの映画の問題点を出しておくべきでしょう。

この映画のゴジラはがっつりヒーローしてます。ようするに正義として描かれているわけです。ただし、地上の人間にとっての、です。

あらすじ冒頭にもありますが、シートピア人は地上での無謀な核実験の所為で国土に被害が出ています。そのための報復がメガロによる破壊活動なのです。懸命な方にはそろそろお分かりでしょう。

この映画は、「核の被害者、核による負の象徴であるはずのゴジラが、同じく核の被害者であるシートピア人が繰り出したメガロをぼっこぼこにする」映画なのです。

実際のところ、この時期のゴジラ映画は「東宝チャンピオンまつり」というプログラムの中の1作品です。これは、マジンガーやデビルマンなどの人気作を擁した「東映まんがまつり」の対抗企画で、どうしても対象年齢を下げておく必要があったわけです。そのため、正義のヒーローであるゴジラが必要だったのです。これについては前作のガイガンやヘドラについても同様ですが、今作ほどヒーローに振り切っていたわけではありません。

今作はシリーズ最低クラスの予算と製作期間で製作されており、予算がないことから都市部の破壊シークエンスは前作やそれ以前の作品、防衛隊の兵器についても過去作から映像を抜き出して使用せざるを得ませんでした。何せ、予算の所為で最終決戦は荒野になってしまったので。

ただ、唯一、ダム破壊シーンだけはリアルなセットが組まれ、見ごたえのあるシーンになっています。水流が強い所為でメガロまで流されているのはご愛嬌。これは製作側も語っていますが、低予算ゆえの一点豪華主義とのこと。

そして、この頃にはウルトラシリーズも人気を博しており、ジェットジャガーは明らかにそちらの影響を受けています。

終盤、ジャガーが自我を形成し、巨大化してメガロに立ち向かうのですが、自我を持ったことにも、巨大化したことにも未だに理由が与えられていません。一応、作中で吾郎がこうじゃないか、と語ってはいるものの、それでいいのか科学者よ、と言いたくなる理由です。

さて、ぼろかすに書いてますが、この映画に見所はないのか?

いえ、あります。

まず、先述のダム破壊シーン。このシーンは見事です。

そして、ジャガーが自我を持ったことを示すシーンや巨大化するシーンなどです。ジャガー関連は笑うところです。掲げてしまったテーマの所為で笑うに笑えない作品になってしまっているので、せめてここくらいは笑ってあげましょう。


意外と、といいますか、前作のガイガンのときのメインキャストのほとんどが俳優業を引退したのに対して、この作品のメインキャスト3人のうち、引退したのは子役の六郎役の方くらいで、残りの2人は現在まで芸能活動を継続されています。


さて、簡単に総評しておきますと、ゴジラの迷走を示す資料的価値を見出し、勢いだけで駆け抜けた作品というあたりでしょうか。実際、メカゴジラの逆襲で割りと原点回帰に近い雰囲気になっていますが、シリーズワースト1位の成績の作品になってしまっています。このあたり、スタッフの間でゴジラを回帰させたいという声はあったそうですが、それが正解ではなかったことを示す一例ですね。

おそらく、新しさこそが売りであった特撮映画でマンネリ化という現状維持レベルに留まってしまったことこそが昭和シリーズを終わりに導いた要因のひとつであったのでしょう。


さて、次回は先述しましたとおり、モスラ(1996)です。いい映画ですし、東宝怪獣最強と名高い平成モスラです。映像技術の進歩による小人キャラによる屋内での戦闘や環境保護や家族愛に振り切った内容など、大人目線で見ても損のない作品です。






当店は美味しいコーヒーの出る、ちょっとおしゃれな公民館のようなスポットを目指しています。
夜カフェ開催日に限らず、普段の営業日でも模型製作、ボードゲーム、手芸、読書など、思い思いの趣味に没頭していただいて結構です。

何かしらのイベントに使用したい方は店主に相談(メール、コメント等)していただければ料金も含めて検討しますので、小規模なイベントを開催してみたい方、貸し切って仲間内で集まる場所にしてみたい方などおられましたらどうぞ。



《イベント&夜カフェの案内》
・夜カフェ
10月
10/6(土)
10/10(水)




地図のある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28541655/
メニューのある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28661325/
インスタグラム⇒(https://www.instagram.com/c_pioggia/
ツイッター⇒(https://twitter.com/CafePioggia
まいぷれ⇒(https://yonago.mypl.net/shop/00000353745/)
fecebook⇒(https://www.facebook.com/Cafe-Pioggia-カフェ-ピオッジャ-161265214586176/)




by c_pioggia | 2018-10-06 16:14 | 雑記 | Comments(1)

さぁ、夜カフェだ

ほんとにこればっかりです。

いえ、いいんですが。それに、別の告知もありますし。


というわけで、明日10/6(土)は夜カフェです。毎度の如く、積みプラ消化の会は開催できるようなら開催します。

そして、その次の夜カフェ10/10(水)は夜カフェ&映画同好会+プリン特別セールです。

何をするのかといいますと、まず映画同好会は「モスラ(1996)」です。前回の感想はまた別の機会にしますが、前回に引き続き人間の都合で出現した怪獣がダムを壊して流される映画です。酷い紹介だ。

因みに、偶然の一致です。

で、ある意味本筋です。プリン特別セールですが、私の青春を彩ったとある誰も知らないであろう作品への愛と敬意をこめてのセールです。具体的にはプリンを100円引きで提供します。これはセットについても同様です。

両日ともお気軽にお越しいただければ幸いです。


当日、お待ちしております。




当店は美味しいコーヒーの出る、ちょっとおしゃれな公民館のようなスポットを目指しています。
夜カフェ開催日に限らず、普段の営業日でも模型製作、ボードゲーム、手芸、読書など、思い思いの趣味に没頭していただいて結構です。

何かしらのイベントに使用したい方は店主に相談(メール、コメント等)していただければ料金も含めて検討しますので、小規模なイベントを開催してみたい方、貸し切って仲間内で集まる場所にしてみたい方などおられましたらどうぞ。



《イベント&夜カフェの案内》
・夜カフェ
10月
10/6(土)
10/10(水)




地図のある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28541655/
メニューのある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28661325/
インスタグラム⇒(https://www.instagram.com/c_pioggia/
ツイッター⇒(https://twitter.com/CafePioggia
まいぷれ⇒(https://yonago.mypl.net/shop/00000353745/)
fecebook⇒(https://www.facebook.com/Cafe-Pioggia-カフェ-ピオッジャ-161265214586176/)




by c_pioggia | 2018-10-05 17:53 | 営業情報 | Comments(0)

アクション

別にアクション映画の話をする気もなければ、アクション仮面の話をするつもりもありません。

単純に、これからのことについてのアクション、アプローチだったりのお話です。


今回、ここをもう少し続けていくための努力としてとあるサービスの利用を決意し、そのための撮影が行われました。新しいことを始めるためにはちょっとくらいは痛みも必要で、平時ならその痛みがその新しい試みにストップをかけてしまいます。

しかし、そうも言っていられません。この価値を信じて、今まで歩んできたのですから。その価値をより高めていくための努力を怠るべきではないのです。

すぐ傍で水道工事をしている今は尚の事。通行止めや騒音、迂回路などを乗り越えていくために、新しいことはどんどん必要になってきます。


長くなりそうなので要約します。

食べログ、始める予定です。今はそのための準備の期間です。


あと少し、もう少しだけ賑やかなお店を目指して。






因みに、この記事を更新している本日(10/3)は夜カフェ開催です。お気軽にお越しいただけたら幸いです。







《イベント&夜カフェの案内》
・夜カフェ
10月
10/3(水)
10/6(土)
10/10(水)




地図のある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28541655/
メニューのある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28661325/
インスタグラム⇒(https://www.instagram.com/c_pioggia/
ツイッター⇒(https://twitter.com/CafePioggia
まいぷれ⇒(https://yonago.mypl.net/shop/00000353745/)
fecebook⇒(https://www.facebook.com/Cafe-Pioggia-カフェ-ピオッジャ-161265214586176/)




by c_pioggia | 2018-10-03 16:26 | 雑記 | Comments(0)

晴耕雨読の雨読を楽しむ場所になれたなら
by c_pioggia

メモ帳

営業時間 13:30~23:00(OS22:30)
営業日  水・土
住所   米子市日ノ出町1丁目13-23 2階
メール  c_pioggia@yahoo.co.jp

MENU
コーヒー 400円
ホットサンド 500円~
デザート類 300円
デザートセット 600円

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

画像一覧