人気ブログランキング |

【てんこもり】9/18(水)映画同好会

先日はお休みをいただきました。有意義であったかどうかは別としてありがとうございました。

さて、本題に移りましょう。


次回の映画同好会は『怪奇大作戦スペシャル』です。以前に実施した『怪奇大作戦ミステリーファイル』以外の手持ち作品全て開放します。
と言っても、持っているのは『怪奇大作戦セカンドファイル3 人喰い樹』『怪奇大作戦 人喰い蛾、美女と花粉、霧の童話』だけなのですが。

これらについては過去の放送の録画であり、店主が持っている録画としては最古の物で、状態に不安がありますので一気に見てしまおう、という話になりました。全てあわせても2時間少々くらいなので、少し長めの映画くらいかなと考えております。


ん? 以前告知した予定と違う?

はい。変更です。10月以降に予定しているタイトルが少しばかり重たい話が続くので、間にバカ映画を入れるためのスケジュール変更です。

というわけで、さらに次回、9/25(水)の映画同好会は『図鑑に載っていない虫』です。いっそ清々しいくらいのB級バカ映画です。楽しいですよ、これ。正直な感想が菊池凛子の無駄遣いだったりしますが。


両日共に19:30頃開始の予定となっております。この時間帯も営業そのものは行っておりますので、お気軽にお越しください。




9/18(水) 13:30~23:00 併催『#映画同好会 #怪奇大作戦セカンドファイル3 人喰い樹、#怪奇大作戦 美女と花粉、霧の童話、人喰い蛾』
9/21(土) 13:30~23:00 併催『#積みプラ消化の会』
9/25(水) 13:30~23:00 併催『#映画同好会 #図鑑には載っていない虫』
9/28(土) 13:30~23:00 併催『#積みプラ消化の会』





# by c_pioggia | 2019-09-14 23:37 | 営業情報 | Comments(0)

【映画同好会感想】大洗にも星はふるなり

9/4に急遽差し替えで見ました作品です。元々は8月末のタイミングで見ることになっていたのを延期にしていたものです。


実写版銀魂や勇者ヨシヒコシリーズでおなじみの福田雄一監督の映画初監督作品です。

監督が誰か知ると大体わかっていただけるかと思いますが、コメディです。


以下あらすじ


夏に大洗にある海の家『江の島』でアルバイトをしていた自信過剰の勘違い男・杉本、サメマニア・松山、ハイテンションなおバカ・仁科、浮気願望の人・猫田、そしてマスターがクリスマスイブの夜に同じくアルバイトをしていた女の子『江里子ちゃん』から『海の家でまた会いたい』と呼び出しを受ける。お互いに、自分だけが呼ばれたと思っていた男たちは自分こそが彼女の本命であると思い込み、アピール合戦を始める。
そこに、海の家の撤去勧告のためにやってきた弁護士の関口がやってきて、『誰が彼女にふさわしいのか』を決めようとする。そのうちに関口もまさかの参戦、さらには遅れてやってきた林も加わり場はさらに混沌としていくことに。

誰が彼らをここに集めたのか、誰が江里子にふさわしいのか、そして、そもそも彼女は本当にやってくるのか?






以下感想


まず、この作品は元々は舞台で上演されていた作品です。作者は当然福田監督。つまり、自分で作った戯曲を自分で映画化したわけです。
で、面白いんですが、残念なことにあまり映画でやる意味はない作品だったかな、と思うのです。

お話がほぼ海の家の中で進むので、これを敢えて映像作品でやる意味とは一体何なのか、という話になってしまいます。一応、舞台版との違いとして『江里子』がキャスティングされていることなどがあるそうですが、それでも薄さは感じます。

ですが、そんなことはどうでもいいんです。結局のところ、面白ければ私は文句をつけません。そして面白かったんです。

まず、最初のほうでのアピール合戦で男たちが語る内容が恋愛的な意味では完全に駄目な男の理屈ばかり。
『女性が自分を愛した分だけ愛する』
『自分がどれだけ相手を好きか』
『彼女とサメなんて選べない。彼女は彼女、サメはサメ』
どう考えても駄目です。どれだけ顔が良かろうともこれでは無理です。

当然、これは後に登場した弁護士の関口によって修正されます。『自分がどれだけ好きかよりも、如何に愛されているか』と。
そこから彼女に好かれていると判断できるエピソードを披露していくことになるんですが、これが酷い。一応、人名と一緒にどういうエピソードだったかだけ添えておきますが、これら全てにきちんとオチがあり、色々な意味で否定されてしまいます。
杉本『皆が帰った後に二人きりになって朝まで過ごした』
松山『二人で水族館デート』
仁科『二人で箱根に温泉旅行』
うん、酷い。

ここで全員否定され、まさかの関口の参戦が待っているのですが、このときの関口がまた面白いんです。これについては演出もそうなんですが、それまで真面目な弁護士をやっていたはずの人がここまでぶっ壊れるなんて、という演技で魅せてくれた安田顕さんの演技力によるものでしょう。

他にも、タキシードを着て海の家にやってきた杉本を演じる山田孝之さんですが、自身の体質として髭が濃いと思うんですが(他の作品で撮影が進むに連れて青髭が目立つようになったことがある)、それを踏まえて話が進むごとにどんどん落ちぶれていく姿だったりと。

見ていても普通に面白いです。色々オチが読める作品ですが、こういうオチが読める作品はそれを含めて楽しむのがいいと思いますので、オチがどうであろうとも気になった方は見てみるといいとおもいます。


また、当時の入場者特典に『エッセンシャル』があったそうですが、見ていただけると何故なのかは理解していただけると思います。




# by c_pioggia | 2019-09-08 02:28 | 雑記 | Comments(0)

【9/11】臨時休業のお知らせ

いつも当店をご利用いただきありがとうございます。


次回営業日であります9/11(水)ですが、都合により臨時休業とさせていただきます。

翌営業日であります9/14(土)については通常通り13:30~23:00で営業させていただきます。



また、前回急に決まったことから告知が流れてしまったのですが、9/4の映画同好会は急遽『大洗にも星はふるなり』に差し替えとなっておりました。次回にあたります9/18(水)以降2回で怪奇大作戦まわりの企画を実施します。詳細は記事最後の予定表をご覧ください。




9/11(水) 臨時休業
9/14(土) 13:30~23:00 併催『#積みプラ消化の会』
9/18(水) 13:30~23:00 併催『#映画同好会 #怪奇大作戦セカンドファイル3 人喰い樹、#怪奇大作戦 美女と花粉』
9/21(土) 13:30~23:00 併催『#積みプラ消化の会』
9/25(水) 13:30~23:00 併催『#映画同好会 #怪奇大作戦 霧の童話、人食い蛾』
9/28(土) 13:30~23:00 併催『#積みプラ消化の会』




ホームページ⇒(http://cafe-pioggia.com/sp/t200375096/)
地図のある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28541655/
メニューのある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28661325/
instagram⇒(https://www.instagram.com/c_pioggia/
twitter⇒(https://twitter.com/CafePioggia
まいぷれ⇒(https://yonago.mypl.net/shop/00000353745/)
facebook⇒(https://www.facebook.com/Cafe-Pioggia-カフェ-ピオッジャ-161265214586176/)




# by c_pioggia | 2019-09-08 01:37 | 営業情報 | Comments(0)

【9月がやってくる】9/4の映画同好会

早いもので8月も終わります。

本当ならこういうタイミングで『大洗にも星はふるなり』を見たかったのですが、諸事情により延期となりました。楽しいお話なので、近いうちにきちんと見たいですね。

それは抜きにしても、同好会の時間ではなくても声をかけてくだされば見られるようにはしてありますので、見てみたい方は是非。


さて、そろそろ本題です。

今回は『怪奇大作戦セカンドファイル第3話 人食い樹』と『怪奇大作戦 美女と花粉』です。

何故2本なのかは単純に、一本では短いからです。加えて、関連エピソードでもあるから、です。

セカンドファイルのほうは、以前実施したミステリーファイルの前作に当たります。主演は西島秀俊さんです。まだMOZUとかやる前の時期なので、意外と西島さんを認知されていない方がいるような時期でもあります。いえ、既にこの頃には実力派で、私が知らなかっただけだったりはするんですが。

お話としては人間の血管を植物の根のような物に作り変え、全身の血を吸い尽くす未知の殺人植物を巡る物語です。実はシリーズの最終話に当たる作品なので、ちょっとばかりスケールが大きな話になっています。

持っているのがこの話だけなので、同好会としてはここだけになってしまうのですが、現代に蘇った怪奇大作戦の第1話としてふさわしい内容となった『ゼウスの銃爪』や、製作中に亡くなった実相寺昭雄監督が脚本を書かれた『昭和幻燈小路』など、色々なエピソードがあります。セカンドファイルのお話は全て『何かを失って、その結果どうなったのか』という部分がキーになっています。
そこを抜きにしても、時代を超えて蘇った作品なので、それはそれで楽しんでいただけたら、と思います。

で、長くなったのですが、今回はそれに加えて旧作のエピソードである『美女と花粉』も実施します。内容としては人食い樹の関連エピソードと取ることもできるかもしれません。
昭和期の東京やそこに生きる若者の姿を見ることが出来ます。

因みに、この次の映画同好会である9/11も旧作のほうの怪奇大作戦から『霧の童話』と『人食い蛾』をやります。霧の童話は地方ロケでのお話です。人食い蛾は放送第1回のエピソードで、まだ手探り感の強いお話です。少しばかり怪奇大作戦が続いてしまうので、よろしければ2回とも参加していただけたら嬉しく思います。





9/4(水) 13:30~23:00 映画同好会『怪奇大作戦セカンドファイル3&怪奇大作戦「美女と花粉」』
9/7(土) 13:30~23:00
9/11(水) 13:30~21:00 映画同好会『怪奇大作戦「霧の童話」&「人食い蛾」』
9/14(土) 13:30~23:00




ホームページ⇒(http://cafe-pioggia.com/sp/t200375096/)
地図のある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28541655/
メニューのある記事⇒(http://cafepioggia.exblog.jp/28661325/
instagram⇒(https://www.instagram.com/c_pioggia/
twitter⇒(https://twitter.com/CafePioggia
まいぷれ⇒(https://yonago.mypl.net/shop/00000353745/)
facebook⇒(https://www.facebook.com/Cafe-Pioggia-カフェ-ピオッジャ-161265214586176/)




# by c_pioggia | 2019-08-31 22:57 | 営業情報 | Comments(0)

【映画同好会感想】見ている人は見ている

ちょっとモチベーションが跳ね上がったので久しぶりに書いてみることにします。


どこからやってないんだろう?



一応、平成ガメラ3部作からになるのでしょうか。ただ、結構時間が経っているので、最近のところからにします。

というわけで、7/24に視聴しました『リアル鬼ごっこ』から。


以前にこれを急遽実施した際にも触れていますが、店主は原作が嫌いです。この作品を見ようと思ったのも、主題歌を歌う『KOTOKOさん』が好きで、主題歌が聴きたいがためだけです。

その前提でご覧ください。


あらすじ

日本国内で最も多い苗字である佐藤さんが変死する事件が起きていた。そんな状況の中、佐藤翼は自身と対立するグループの佐藤洋に追われ、捕まってしまう。いよいよ殴られるか、というときに翼は自身がいた世界とは異なる分岐で異なる歴史を歩んでいる世界『パラレルワールド』に飛ばされていた。
偶然通りかかった元の世界での友人に声をかけるも相手にされない。それどころか、佐藤であるとわかった途端に逃げるように去っていってしまった。そこに翼の知る洋とは別物の洋が突進してくる。洋も何かに追いかけられているが、元の世界での因縁もあり、捕まえてみるが翼のことなど知らないという。
だが、この不明瞭な状況に対し、明確な答えを求めた翼は洋を問い詰め、この国の王様が佐藤姓の人間を捕まえて死刑にする『リアル鬼ごっこ』を強要していることを教えられる。期限は残り2日。この死のゲームに参加させられてしまった翼は自分自身ですら知らなかった真実に触れていくことになる。



以下感想

改めて言いましょう。原作が嫌いでした。

ですが、この映画版は原作のエッセンスを抽出した上で別物に仕上げてきました。

そりゃ、現代日本に何で王様がいるの、って話になりますよね、普通。そういう意味ではパラレルワールドの設定と特異点と化した翼というのは実に上手かったと思いますし、並行世界はリンクしているから、どちらかの世界で死亡すればもう一方の存在も死亡するというのも上手く話の中に取り込んできたと思います。
主人公周りが走っているのは必死さが滲み出ているのでいいと思いますが、鬼の方はちょっと・・・・・・

ただ、ラストで大団円を迎えるためだとわかっているのですが、前述の並行世界間での命のリンクの設定を放棄してきたのはいただけません。
一応、擁護するならば分岐点が早すぎるため、リンクが保てていない、という解釈も出来ますが、それでもどこか釈然としないものを感じます。

この後、シリーズとして5まで製作された後にテレビドラマ版や女子高校生を主役に据えた新作などが製作されました。でも、多分、これ以上は見ません。

取り敢えず、全く期待してなかった分だけ、楽しめたと思います。











# by c_pioggia | 2019-08-26 16:54 | 雑記 | Comments(0)

晴耕雨読の雨読を楽しむ場所になれたなら
by c_pioggia

メモ帳

営業時間 13:30~23:00(OS22:30)
営業日  水・土
住所   米子市日ノ出町1丁目13-23 2階
メール  c_pioggia@yahoo.co.jp

MENU
コーヒー 400円
ホットサンド 500円~
デザート類 300円
デザートセット 600円

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

画像一覧